ブログ

スポーツによるケガは多賀城の接骨院松坂へ!!

2017/8/25更新

こんにちは。院長の松坂です。

今日は腸脛靭帯炎について書いてみます。

腸脛靭帯炎とはランナー膝とも呼ばれ、近年のマラソンブームにより症状を訴える方が増えています。

初期は膝の外側が緊張するしきしむような違和感や痛みを感じます。

ランニング後などに痛みが現れ、休むと楽になります。症状が進行してくると、痛みは徐々に強くなり、痛みで膝の曲げ伸ばしが困難になります。

主な原因はオーバーユースです。

過剰なランニング時間と距離、柔軟性不足、硬い路面やシューズが合わないなど様々な要因が考えられます。走行フォームで足の外側に体重をかけるクセのある方、O脚の方などは発生しやすくなります。

 

☆痛くなった際の対処法

腸脛靭帯のストレッチや腸脛靭帯につながっている大腿筋膜張筋のセルフマッサージが効果的です!!テニスボールなどで脚の外側をコロコロと優しくマッサージしてあげましょう☆痛みが出ない程度にお願いしますね。

 

スポーツによるケガ、ぜひ当院にご相談下さい!!

一覧に戻る

診療時間
6:30~12:30
14:30~18:00

※土曜・祝日は午前のみ12:00までとなります

  • 休診日土曜・祝日の午後・日曜
  • 住所〒985-0842 多賀城市桜木1丁目2-6
  • 電話番号022-766-9430
  • 駐車場当院前1台・多賀城腎泌尿器科クリニック様駐車場内9番と10番(当院専用)